カテゴリー別アーカイブ: 女性に興味のない私の初恋

女性に興味のない私の初恋

あまり女性に興味のない私は、学生生活恋愛とは縁のない生活をしていました。
部活帰りに学校のコンビニに寄ったら、結構可愛い女性を見つけて、その女性を見ていたら友人に「女に興味のないお前が珍しい」と言われ、適当にごまかしましたが心の中ではまた会いたいと思っていました。
学校に年末の郵便局でのバイトの募集が来ていたので応募したら運良く受かり、バイトの説明会に参加しました。
内勤だったので周りに女性しかおらず緊張していたら隣の女性と軽くぶつかってしまい、謝罪をしようと見たら、この前コンビニで見かけた女性でした。
私は心の中でラッキーと喜びましたが、緊張して話しかけられませんでした。
時間帯を分けての二グループでの作業で、運良く彼女と同じ班になれました。
経験者の友人から「内勤は楽だ」と言われていたので少しは話す機会があると思いましたが、時間内に数百枚の年賀状を仕分ける仕事なので全く話しかけられませんでした。
仕事が終わってもすぐに帰ってしまうので、中々チャンスがありませんでした。
全くチャンスがないまま最終日になってしまい、休憩時に飲み物を買いに行ったら彼女も買いに来ていてチャンスだと思ったけど、勇気が出せず何もできずにバイトが終わってしまいました。
バイトが終わってへこみながら帰っていると、「~さんお疲れ、君も帰りこっちなんだね~」と話しかけられ振り向いたら彼女がいました。
いつもは違う道を通って帰っていましたが、その日だけは気分で違う道を通ったら彼女と同じ帰り道みたいで、一緒に帰ることになりました。
聞いてみたら、帰り道が違うだけで以外に家が近いらしく、同じ中学の卒業生など彼女のことを少しだけ知ることが出来嬉しかったですが、恋愛経験のない私は付き合いたい・メル友になりたいなどの目標がなく、普通に話しただけで終わりになってしまいました。
男子校に通っていて、恋愛に興味ない私でしたが、久しぶりに良いと思える女性と会えたことをとても嬉しく思います。
家が近いので、また会いたいです。