カテゴリー別アーカイブ: 婚約者が自殺した

婚約者が自殺した

ある調査によると、婚約者の自殺による心のダメージは、ナチスの強制収容所に入れられた時と同じらしい。

何か胸騒ぎがした。いつもなら毎日電話をくれる彼。
昨日はつながらず。朝方にも何のメールもない。
おかしい。
普段なら飲み会で帰ってきて潰れてたかなんて思う所だが
胸のざわつきはやまなかった。

おかしい。

なぜか五時に目が覚め、出勤前に職場の反対方向にある彼のマンションに向かった。
郵便受けにある昨日の夕刊。
なんどもならしても答えのないインターフォン。
でも確かめようもなく仕事に向かった。

仕事を終え、それでも彼からは何も連絡がなかった。
いよいよおかしいと思い、彼の職場に行ってみることにした。
最寄り駅に向かう道中、婚約者の母から電話が。
「あの子が自殺したんです。首を吊って・・・」
言葉が出なかった。

気がつくと、道ばたのゴミ捨て置き場に崩れ落ちるように
しゃがみ込み、泣き叫んでいた。

そこに鳴る携帯。
彼の友人からだった。
二人で警察に向かった。

警察には、
「けんかでもしましたか。なにか彼を追いつめるようなことは」
と問われ、呆然とするしかなかった。
遺体に触れることが許されないので、私に面会は許されなかった。
通夜、葬儀と次々と日程は決まっていった。

泣き続ける日々の中、自分を責め続けた。

お前が殺したんだ。。。

死にたかった。
死に切れなかった。
死ぬことすらできない自分が、くず以下の存在にしか見えなかった。
生きることが死ぬより辛いなんて、初めて知った。

彼の遺書にはこう書いてあった。
「人を殺すよりましでしょ」

実は私たちの結婚は彼の家族から反対されていた。
名家の長男である彼。
母子家庭の私は不釣り合いだった。
彼はずっとそれを一人で負い続けていた。
私を守るために。

ねえあなたが殺したかったのは誰?
なんで死んでしまったの?

答えのない問いを続けること5年。
いまだに解決はしない。
おそらく一生しないだろう。

彼の分も生きたいなんて思えない。

でも、私を最期の恋人に選んでくれてありがとう。