カテゴリー別アーカイブ: 学生時代から遠距離恋愛を実らせました!

学生時代から遠距離恋愛を実らせました!

実家から離れて関西の街でひとり暮らしをしていた学生時代。同じサークルで知り合った彼と付き合うようになりましたが、卒業と同時に私は関東の実家に帰り就職、彼はそのまま関西の大学院に進みました。彼は院を卒業したら関東で就職する約束をしてくれましたが、少なくとも4年間は遠距離恋愛することになります。
卒業したてで時間もない、お金もないなか、本当に遠距離恋愛が続くのか、かと言って別れる決心もつかないまま遠距離恋愛がスタートしました。
2ヶ月か3ヵ月に1回はお互いの暮らす街に尋ねたり、真ん中の土地で待ち合わせしたりして、なんとか会えるようにしていました。
今のようにテレビ電話やスカイプ、無料通話があれば良かったのですが、それもかなりの通話料がかかる時代(10年くらい前)だったので、毎日1通ずつメールでのやり取りと近況報告の手紙を送り合っていました。
遠距離恋愛でさみしかったのは、友達や会社の同僚と夕食を食べているときに、周りが彼に迎えに来てもらったり、彼も友達と飲んでいるから合流しよう!なんていうときです。私も呼び出せる彼がいないことに淋しさを感じました。
クリスマスやバレンタインなど、カップル向けのイベントなんかも淋しかったです。別に会社や学校はお休みじゃないから、遠距離の彼に会いに行くことはできないし、友だちは彼との予定が入っているし、町中ハッピーな感じにデコレーションされているし、普通に仕事して普通に自宅に帰って寝るだけの自分が可哀想に思えるときもありました。
それから「まだ若いんだから、遠距離恋愛なんてお互いどうせ続かないでしょう。近くに誰か探したら?」という年上の人の言葉は落ち込みました。姉とか会社の先輩とか、心配もあったと思うのですが、よくそういった言葉を言われました。
4年の間では何度か別れの危機もありましたが、なんとか乗り切れたのは、彼がその度に「絶対に別れないから」と言ってくれたからだと思います。
4年後、院を卒業すると彼は約束通り関東の就職先を探してくれ、さらに3年後無事に結婚しました。